理系就活

【メーカー志望】理系インターンシップのエントリーシート(ES)の書き方

【メーカー志望】理系インターンシップのエントリーシート(ES)の書き方

こんにちはー!!ひこまるです!!

インターンシップに応募した理系の方からこんな不安をよく聞きます。

インターンシップの選考に落ちちゃった
エントリーシートのどこを改善すれば良いかわからないよ
まだ研究成果出てないから、実験内容なんて書けない…

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

インターンシップのエントリーシートを書く際に意識すること

インターンシップのエントリーシートの書き方

エントリーシートが落ちてしまう原因

インターンシップに参加するためには、エントリーシートの出来が非常に大切です。

この記事を読み、インターンシップで落ちないエントリーシートの書き方をマスターしましょう。

この記事では、実際に理系人気No.1の総合電機メーカーから内定をもらった自分の経験からお話します。

こんな方におすすめ

メーカーなど理系企業のインターンシップのESを書く方

良いエントリーシートを書くために意識することを把握したい方

エントリーシートを書く上で、やるべきことを知りたい方

インターンシップのエントリーシートで意識すること

理系のインターンのエントリーシートの書き方

エントリーシートは企業が欲しい情報を書こう

エントリーシートを書く上での鉄則は、

企業が読みたい情報を意識して書くことです。

もしかしたら、みなさんは「企業ごとに欲しい情報は違うだろうし、企業が欲しい情報を意識して書くなんて難しそう」と思うかもしれません。

しかし、コツさえ掴めば全然難しいことではないです。

ポイントは、
企業が欲している人物は、『会社に利益をもたらせる人物』ということです。

そんなの、当たり前じゃん!

って感じですよね。

しかし、ここを意識して書くことが、選考を通過できる良いエントリーシートを書くための最大のポイントです。

「きっと、この人が入社したら、こんな成果を上げてくれるんじゃないか」
そう、面接官に思わせられるような意識を持つことが大切です。

インターンシップのエントリーシートで問われる項目

エントリーシートでは以下のような項目がよく問われます。

インターンシップの志望動機

研究内容

長所や自己PR

学生時代に力を入れたこと

ここでは、について、実際に私のエントリーシートを例に取って解説していきます。

に関しては、本選考のエントリーシートの書き方の記事を参考にしてください。

本選考エントリーシート書き方記事作って貼る

理系インターンシップのエントリーシートでの志望動機

理系インターンシップのエントリーシート 志望動機

企業が求める『インターンシップの志望動機』

突然ですが、

・本選考の志望動機

・インターンシップの志望動機

この2つの違いについて、しっかり把握出来ていますか?

本選考の志望動機は、『なぜこの企業で働きたいと考えたか』を書きます。

しかし、インターンシップでは、『この企業で働きたい理由』を書いても選考を通過することは出来ないかもしれません。

なぜなら、企業が求めている言葉は

なぜ、この企業のインターンシップに参加しようと考えたか

だからです。

したがって、インターンシップを志望する理由は、

・業界のイメージが掴めていないから

・自分にこの仕事があっているか見極めたいから

など、インターンシップを志望した率直な理由を述べれば十分です。

その上で、企業の人が、『なぜその目的のために志望したのが、自分の会社のインターンシップなのか』がわかるように、

・様々な企業がある中でなぜ、この企業なのか

・この企業のインターンで何を学びたいのか

このことを自分の言葉で表現できるようにしておきましょう。

志望動機の構成の例

構成について説明するために、s◯nyで選考通過したエントリーシートを以下に載せます。

具体例に興味のないかたは、ボックスを開かずに飛ばしていただいて大丈夫です。

志望動機(500文字以内)

志望動機(499文字 / 500文字)

企業での開発の仕事を実感するために、貴社のインターンプログラムを志望致します。
→①結論を先に書く

私は高校生の時に見たプロジェクションマッピングに魅力を感じ、光に興味を持ちました。そして 私は、大学、大学院とレーザーについて熱心に研究して参りました。研究を通して、光が社会に対して大きな影響力があると知り、光学分野の開発の仕事に進みたいと考えるようになりました。しかし、私が行ってきたのは学問の研究であり、企業で開発することについての実感が持てていません。
→②結論を裏付ける体験

貴社は現在のレーザープロジェクターの主流である「青色レーザーと蛍光体方式」を発明され、更に 私に光の魅力を教えて下さりました。
→③貴社でなければいけない理由

貴社の2週間のインターンプログラムにおいて、学生だからこその観点から、市場が求める性能を考察し、積極的に光学設計に取り組んでいきたいと思っております。
→④私がインターンでできること

社員の方々と同じように「本気で業務に取り組む」ということを通し、研究の厳しさを感じ、クリエイティブな刺激を受けることで、自身の課題である「研究開発の仕事の実感」を持てると考えています。そして、その経験を自身の今後の就職活動に活かし、自らが活躍できる仕事環境を見極めていきたいと思っております。
→⑤どのように成長していくか、この機会をどのように活かすのか

構成のポイントは5つです。

①結論を最初にかけているか

②なぜその志望動機を持ったかの体験をかけているか

③その会社のインターンでなければいけない理由が書いてあるか

④インターンで自分ができることは何か

⑤そのインターンを経験して、どのように成長するのか

『結論を最初にかけているか』は、非常に重要です。

大企業であれば、エントリーシートを見る方は、1日に数千枚程度見ると聞きます。
流し読みされることを前提に、わかりやすく結論から書くことを意識しましょう。

意識していないと忘れがちなのが、『インターンで自分ができることは何か』と思います。

志望動機は、それぞれの企業ごとに制限の文字数も違うので、書くことのできない場合は無理にいれる必要はありません。
(例えば300文字以内であれば、少し難しいと思います)

しかし、仮に入れられなかったとしても、必ず意識して欲しいポイントです。

繰り返しになりますが、企業が欲しい人物は、『利益をもたらせる人』です。

「自分がインターンに参加したら、どんなことをして貢献できるのか」
「自分がその後、入社したら、どんな貢献ができるのか」

これらについて、小さいことでも良いのでアピールできることを考えてみましょう。

⑤は、『インターンで何を経験したいか』などの項目が別にある場合は書く必要はありません。

ダメな志望動機

簡単に、志望動機にしてはいけないキーワードを1つご紹介します。

それは、企業のファンアピールです。

「御社の製品が好きで志望しました。」という内容は、全く企業の方には響きません。

企業がほしい人材は、ファンではなく、会社を成長させられる人材です。

どうしても書きたい場合は、一言に留めて、自分がどう企業に貢献できるのかを書きましょう。

理系インターンシップのエントリーシートでの研究内容

理系のインターンのエントリーシートの書き方実験内容

誰がみてもわかるような実験内容を書く

長期インターンシップの選考があるのは、6月〜7月と11月〜12月ですね。

特に夏の場合、大学院入学直後のため、研究で成果を出すことは難しいと思います。

そのため、

研究が全然進んでいないから、実験内容書けない

こんな悩みを感じたことが、一度はあると思います。

しかし、安心してください。

企業が欲しい人材は、『大学の研究で大きな成果を出した人』ではなく、『研究に対する基本的な姿勢を持っている人』です。

そのために、守るべきポイントは2つです。

・何が課題で、それをどうやって解決したのか

・厳密性を意識しすぎて、専門外の人が理解出来ない文章になっていないか

研究に対する基本姿勢とは、

『困難があっても、それを工夫して乗り越える姿勢』です!

それは、決して大きな成果である必要はありません。

 

また、『専門外の人でもわかる文章にする』ことも非常に大切です。

企業の採用担当の方は、1日に何千というエントリーシートに目を通す可能性があります。

そうした際に、意味のわからない専門用語が羅列されていると、エントリーシートを最後まで読んでくれない可能性もあります。

厳密性を優先してややこしい説明をするくらいなら、イメージが伝わるような簡単な説明で終わらせる方が良いです。

実験内容の構成の例

ここでは、Panas◯nicで選考通過したエントリーシートを以下に載せます。

具体例に興味のないかたは、ボックスを開かずに飛ばしていただいて大丈夫です。

研究内容(500文字以内)

研究内容(488文字 / 500文字)

私の研究は冷却Sr分子の生成です。
→①今行っていることを一言で言い表す

原子や分子は極低温状態で常温時にない特殊な性質を持ちます。特に分子は内部構造が複雑のため、冷却分子を精密測定することで未知の物理現象の解明に役に立つと非常に注目されています。
→②研究意義

量子光学では、物質の冷却にレーザーを用います。一般にレーザーは熱するイメージですが、例えば原子などの物質が特定の方向に運動する場合、対向するレーザー光を照射すると、その物質の運動量は減少します。これは物質を冷却したことになります。レーザー冷却を行う場合、原子種に応じて特定の波長のレーザーを使います。
→③実験概要

Sr原子の場合461nmですが、現在ある461レーザーは、安定性が原子レベルではよくないため良いデータを得られませんでした。
→④課題

そこで、私は他の光学分野で使われる「第二次高調波発生」という技術に着目しました。これは特殊な結晶を用いることで光の波長を半分の値にする技術です。約7μmの結晶の入り口に特定の角度で正確にレーザーを入射するのは非常に難しいですが、この方法により安定な波長のレーザーから461レーザー光を作ることに成功しました。
→⑤どのように工夫をして乗り越えたのか

現在は冷却分子の生成に取り組んでおりその後制御を行います。
→⑥今後の展望

構成のポイントは6つです。

①今行っていることを一言で言い表す

②研究意義を説明する

③実験概要を説明する

④課題を説明する

⑤どのように工夫して乗り越えたのかを説明する

⑥今後の展望を書く

実験内容も必ず、聞かれている問いの結論から述べるようにしましょう。

面接でも同様ですが、まず問いに対する答えを述べ、その後、具体的な研究意義や概要の説明をしましょう。

また、繰り返しになりますが、研究内容では

課題をどう工夫して乗り越えたか

が非常に重要です。

なるべく、具体的に工夫を述べられるように⑤はボリュームを多めに説明しましょう。

企業によっては、研究概要と工夫したことを別々に聞くこともありますが、この構成を守れば、別々に書いても、読みやすい実験内容になると思います。

ダメな実験内容

良くない実験内容の特徴は2つです。

・難しすぎて読めない

・読んでも、盛り上がりがなく面白くない

繰り返しになりますが、研究内容は、『誰が読んでもわかりやすく』が大切です。

毎日、力を入れて研究をしていると、どうしてもその業界特有の考え方などが、当たり前に感じてきます。

「何も知らない人でも、論理の飛躍を感じずに読めるか」

このことを頭に入れながら、実験内容を書いた際は、自身の文章を見直して見ましょう。

 

2つ目は、「読んでも面白くない」です。
面白くないとは、「盛り上がりのない文章」です。

研究内容は、淡々と実験の説明をしがちです。

繰り返しですが、
問題は何だったのか、それをどのように乗り越えたのか

このことを第一に書けると良いです。

そのために、必要のない説明は削りましょう。

もちろん、文字数によっては、一言でも構いません。

理系学生がより良いエントリーシートを書くために

インターン用のエントリーシートの書き方、いかがでしたか?

初めてのエントリーシートは、非常に難しく感じると思います。
しかし、この記事に書いてあるポイントを意識しながら、何度でも書き直せば、必ず良いエントリーシートになります。

企業に良いアピールができるようにエントリーシートを書いてみてください。

また、より良いエントリーシートを書くためには、自己分析が必須です。

よろしければ以下の記事を参考に行ってみてください。

自己分析記事作って貼る

本記事では、扱わなかった「自分の長所」と「学生時代に力を入れたこと」の書き方は、本選考のエントリーシートの書き方で解説しておりますので、そちらもご覧ください。

本選考のエントリーシート記事作って貼る

今後も理系向けのわかりやすい就活記事を作っていきます。

よろしくお願いします!!